無題

 

私にとって世界の全てだった人から否定された事、一生忘れることはないし一生その言葉に囚われたままだと思う。

 

私が正しいなんてことは無かったね。